バンクイックってどんなカードローン?

バンクイックとは、三菱東京UFJ銀行のカードローンです。最近利用者をどんどん増やしている人気のカードローンですが、その人気の秘訣のひとつに「信頼感」や「安心感」があります。

カードローンというとなんだか借金のイメージが先行してしまう方も多いかと思われますが、バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローンですので、大手の銀行が提供するサービスに安心感を抱くのは納得できますね。

ではバンクイックとはどのような特徴を持つカードローンなのでしょうか?

 

大手メガバンクが運営するカードローン

お金を借りるならバンクイック

三菱東京UFJ銀行と言えばメガバンクの一つとして有名な銀行です。バックボーンがしっかりしている事で信頼感もばっちりです。信頼感があるというのはキャッシング・カードローンの世界ではとても大切な事ですね。

銀行の提供するカードローンですので、低金利であることも大きな特徴です。バンクイックの金利は、4.6%〜14.6%。これは銀行系カードローンの中でも低く利用しやすい金利です。

カードローン金利をわかりやすく比較 → お金借りる委員会

50万円以下の借入れなら上限金利である14.6%ですが、50万円以上100万円以下なら12.6%というように利用限度額が上がれば金利もどんどん安くなっていきます。最高500万円まで融資可能で、100万円までの借入れなら収入証明書も必要ありません。

審査にかかる時間も21時までの申し込みなら30分の即時回答でまさにクイック&スムーズな環境を整えているカードローンです。パソコンだけでなくモバイルからも申し込みが出来、その場でカードが発行されるテレビ窓口を利用する事もできます。

また無理のない返済プランもサポートしており、最小返済額の案内と返済をサポートするEメールサービスなどを行っています。例えば利用限度額50万円以下で10万円借りた場合の返済の場合、1日借入れの利息は「100,000円×14.6%1日÷365日で40円」。30日借入れの場合は、「100,000円×14.6%×30日÷365日で1,200円」と言ったように面倒な利息計算も詳しく教えてくれます。

返済期日が近づいたら事前に知らせるEメールサービスなどの各種サービスも行っていますので、うっかり支払い忘れるという事がなくて済むのは安心ですね。また、全国の当行・提携コンビニATMでいつでも利用手数料無料で利用する事が出来ますし、夜間や土日の利用もOKです。

1,000円単位で借入れが可能なので気軽に利用できるところもメリットですね。

銀行系カードローンと言う事で、総量規制の対象外であると言う事も特徴です。総量規制は年収の1/3を超える借入れは出来ないという規制の事を言いますが、適用されるのは消費者金融系のカードローンですので銀行系カードローンのバンクイックには適用されていません。

このようにバンクイックには様々なメリットのある特徴があることがわかりますね。金利の低さも勿論ですが、バックボーンがメガバンクの三菱東京UFJ銀行であるというところにも利用しやすい安心感があります。

銀行系カードローンを申し込もうと思っている方で、どこにしようか悩んでいる方はバンクイックも合わせて検討してみてはいかがでしょうか?

総量規制からみた銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの違い

「カードローンでお金を借りよう」と思っている人は、金額によって総量規制がネックになってしまう可能性があるのはご存知でしたか?

総量規制は何のために存在しているのか?また、総量規制によって生じる銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの大きな違いとは何なのかをまとめてみました。

総量規制とは消費者金融系カードローンを対象にした貸金業法です

総量規制とは、貸し手側の過剰貸付を防いだり、借りる側が多重債務によって首が回らなくなってしまうことを防ぐことを目的に、2010年に施行された貸金業法の法律です。

過剰貸付が横暴した背景にはグレーゾーン金利のことについても触れておかねばなりません。

利息制限法・出資法はともに金利を制限する法律でありながら、この二つの法律が定めた上限金利には誤差がありました。

その誤差をグレーゾーン金利といい、誤差に目をつけた貸金業者が半分合法的・半分違法的に利益をせしめていたのです。このグレーゾーン金利が過剰貸付に拍車をかけ、結果的に多重債務者が増えました。

貸金業の監督である金融庁がグレーゾーン金利の撤廃をはじめ、貸金業の改正を行いました。そのなかには「みなし弁済の廃止」「日掛金融特例金利の廃止」「総量規制の導入」も含まれます。

総量規制における銀行系・消費者金融系カードローンの違い

では総量規制とは具体的にどのような規制なのでしょうか?

総量規制とは、貸金業者を対象にした規制であり「借り手の年収の1/3を超える融資を行ってはならない」というものです。「年収の1/3」とは1社単位ではなく、借り手が行っている借入の総額を指します。

年収300万円のAさんがB社から50万円、C社から30万円の借入を行っていた場合。Aさんの借入できる最高額は、年収300万円の1/3である100万円までとなります。

B社・C社合わせて80万円の借入がありますから、もしD社に借入を希望しても、最高で20万円までしか借りることができないわけです。もし、それ以上の借入を望む場合は先に返済をする必要があります。

しかし、この総量規制は貸金業に設けられた法律。貸金業法に縛られない銀行系カードローンは、総量規制の対象外となります。

総量規制の対象外ということは年収の1/3以上の借入制限がないため、1/3以上の借入も可能というわけ。消費者金融では借入できない専業主婦も銀行系カードローンなら、配偶者の安定した収入を条件に借入することができます。

もし、借りたい金額が年収の1/3を超えてしまうようであれば、最初から銀行系カードローンに申し込むと良いでしょう。

ただし、総量規制にも除外と例外が存する

ただし、総量規制にも除外・例外が存在します。除外されるのは「自動車ローン」「住宅ローン」「高額医療費の貸付」「有価証券担保貸付」「不動産担保貸付」。これらは年収の1/3以上でも借りることができ、さらには総量規制の借入残高に含まれることはありません。

例外は総量規制の借入残高に含まれるのですが、年収の1/3以上でもOKというもの。「緊急医療費の貸付」「借り換えローン・おまとめローン」「個人事業主への貸付」が該当します。

三井住友銀行カードローンってどんなカードローン?

日本のメガバンクのひとつである三井住友銀行から発行されている三井住友銀行カードローン、その特徴や使い勝手はどうなのでしょうか?

低金利&即日融資OKの三井住友銀行カードローン

女優 吉高由里がイメージキャラクターを務める三井住友銀行カードローンは、銀行らしい低金利(4.0〜14.0%)さが魅力。おまとめや借り換えにも対応しているので、今ある金利を安く抑えられる可能性があります。

銀行系カードローンは審査に時間を要することが多いなか、審査スピードも最短30分とスピーディで、即日融資が期待できるの住友銀行カードローンが人気である理由のひとつといえるでしょう。

また、銀行カードローンといえば総量規制の対象外であることも忘れてはなりません。消費者金融とは違って総量規制から外れるため、年収の1/3以上の借入も可能となります。

三井住友銀行口座を保有してる→WEB完結できる

すでに三井住友銀行の口座を持っている人はメリットだらけ。まず、インターネットバンキング(SMBCダイレクト)から申込みができます。審査書類不要・来店不要なので家から出ることなく、パソコンの前にいるだけで契約ができる「WEB完結」が可能なのです。

審査結果連絡と同時に契約が可能なので、早ければ1時間もかからず手持ちのキャッシュカードで借入することができます。また、インターネットバンキングで振込・振替することもできます。

また、返済用口座の公共料金・クレジットカードの支払いなどの引き落としが残高不足になっていた場合、自動的に不足分を融資する自動融資(バックアップ)機能も備わっています。

三井住友銀行口座を持っていなくても大丈夫。口座不要で申込みすることは可能ですし、ローン契約機での申込みならその場でカードを発行することも。

三井住友銀行カードローンはコンビニATM手数料無料!

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行はもちろんのこと、立ち寄る機会の多いコンビニ内(イーネット・ローソン・セブンイレブン)に設置してあるATMのATM利用手数料・時間外手数料が無料です。また、セブン銀行・ゆうちょ銀行も同様に無料で借入・返済できます。

SMBCポイントパック契約口座をカードローンの返済用口座に設定すると、三井住友銀行ATMでの時間外手数料などが無料になるので、すでに口座を保有している人にはとても便利なカードローンといえるでしょう。

ブラックOKと謳っているキャッシングは危険?

以前のキャッシング利用の履歴で、滞納をある程度繰り返してしまいますと、いわゆるブラックリストというものにのってしまい、その後のキャッシングの利用の際に、いろいろと不都合が生じます。

ブラックリストにのってしまいますと、通常のキャッシング会社からはなかなか貸付をしてもらえず、キャッシングを利用できなくなる場合がほとんどです。

そんなブラックリストを対象として、ブラックOKを売りにしている消費者金融がありようですが、このような消費者金融を利用しても大丈夫なのでしょうか?

やはりこのようにブラックリストの方でも大丈夫であることをうたっているような消費者金融はいろいろと危険があることは否めないようです。このような消費者金融は、世に言う闇金と言われるものである場合が多く、利率などは通常の場合よりかなり高率になっている場合が多いです。

闇金ではなく、一般の消費者金融の場合は、暗黙のルールとして、3社以上借りている場合には貸付を自粛するといったものがあって、この場合返済能力を超えているとみなされるのでしょう。

それでも貸付を柔軟に対応するというのは、実は悪徳業者であると考えたほうがいいでしょう。

闇金ではなんく、通常の消費者金融のキャッシングサービスでも、審査がかなり緩いサービスはあります。危険な金融会社に手を出してしまう前に、このような審査の通りやすいキャッシングサービスの審査を受けてみてはいかがでしょうか?

 

おすすめのキャッシング【アイフル】

キャッシングなどのサービスを行っているアイフルは消費者金融会社です。

そのため、利用に際しては貸金業法の影響を受け、借入の総額は年収の3分の1までに制限されます。また、申し込みを行う際に、借入限度額が50万円を超える場合や他の金融業者から100万円を超える借入がある場合には収入証明書を提出する必要があります。

アイフルは消費者金融であって闇金融ではないため、法外な利息をかけられることはなく、安心して利用ができます。

申し込みは店舗や契約ルームへの来店の他、パソコンや携帯からのインターネット、電話でも行うことができます。申し込みの必要になるものは、前述の収入証明書の提出条件に当てはまらない場合は、免許証や健康保険証のコピーなどの本人確認書類だけです。

キャッシングは定期的な収入があれば、アルバイトや主婦でも利用可能です。

返済方法はリボルビング方式であり、返済期間が把握しにくいですが、ホームページ上に返済シミュレーションが用意されているので、これを使用して現在の借入状況を把握しやすくなっています。また、一括返済を行うこともできるため、お金に余裕ができたらこれを利用することで利息を軽減できます。